山本寛の「障害者」発言、お詫び記事は謝る気なし

ども。たいたいぶんです。
多分、みなさんご存知かと思います。「らき☆すた」などのアニメの監督を務めた山本寛氏がTwitterにて「ええ歳こいてアニメ見てるような人間は障害者なんだよ」つぶやいたことで、ブログで謝罪しました。
lineblog.me

反省ではなかった

f:id:taka76:20170928214411j:plain

オタクとは三歩歩けば過去のことを忘れる「鳥頭」であり、脊髄反射で涎を垂らす「パブロフの犬」であり、ブヒブヒと啼く「豚」であり、遂には「虫けら」であります。
「人間」には程遠い存在であります。
それをあたかも「人間」であるかのように、障害者の方々と軽々しく同列に並べてしまいました。
謝罪じゃない
はい。謝罪ではないですね。さらに終わってくる。
「お詫び」というタイトルを変えたらどうですか?