自分勝手な日誌

いろいろな記事を書いていきます。何を書くかは気分次第

あの日の惨劇

ども。たいたいぶんです。
今日は8月12日、今から34年前に日航機が御巣鷹の尾根に墜落しました。
やっぱり未だに解明されない謎も多く、世界では未だに事故が発生しています。ボイスレコーダーを聞いた時は、限りない可能性を信じ、「落とすまい」と懸命に操縦をしたクルー達の緊迫した状況が察せます。
航空機事故は事前に防ぎ、事故のない安全な交通機関になってほしいと願っています。
日本航空に関しては、今までずさんな修理があったり、業績悪化による経営破綻があり、最近では機長の飲酒したまま操縦しようとして問題になっています。
最近、日本航空は、アルコール検査をして、検査に合格しなければ燃料を供給しないという異例のシステムを導入しました。またこう行った防止策を作っても抜け道があるので、心配な点はあります。
もう一度、会社には事故について考えてほしいものです。安全報告書を見ても、安全性については充実しているように見えましたが、実際はこんなものなのでしょうか。



余談ですが、この日航機事故に遭遇し、亡くなられた坂本九さんが、搭乗前にこの時表舞台で初めて歌った「心の瞳」という曲があります、

心の瞳~坂本九さんの生前最後の収録
この曲は妻の柏木由紀子さんから「思い出の曲」とも言われており、現在でも合唱などでよく歌われる定番曲となっています。NHKでのラジオが最後の収録になってしまいました。
そんなことも考えてながら、この曲を聞いてみてください。