改めて!LINE Payは便利!

ども。たいたいぶんです。
前にも書いたことがあるのですが、改めて。LINEpayは便利です。

メリットデメリットを簡単にまとめると

この後詳しく説明に移りますが、とりあえず、メリットデメリットを簡単にまとめて見ます。なお、プリペイドカード自体のメリットデメリットは除きます。
まずメリット。

  • チャージ方法が他のカードより多い
  • セブンイレブンでチャージができ、ローソンでもレジにて可能
  • 100円で2ptポイントが貰える
  • 残高確認、支払い確認、チャージはすべてスマホ
  • カードの停止もアプリで
  • 残高の出金が可能

簡単にまとめるとこうですね。
次はデメリット。

  • 運営の対応が悪い
  • JCB加盟店で使用できるが、店が少ない
  • いきなりアカウントを停止されることがある
  • Jsecure(3dセキュア認証)の設定ができない
  • 一部使えないところがある
  • Applepayに対応していない

とまあ、こんな感じです。それでは、メリットから詳しく説明していきます。

チャージ方法が他のカードより多い

チャージ方法が他のカードより多いのがカードの魅力と言えるでしょうか。

ローソンが運営しているおさいふpontaも同じプリペイドカードですが、チャージ方法がローソンでのレジチャージ、クレジットカードからのチャージしかなく、不便であります。
また、携帯会社系ではdカードプリペイド、このカードのチャージはほとんど後払い系が多く、すぐにチャージしたい場合には便利ですが、後払い系ではないチャージであれば、ローソンレジチャージですが、このdカードプリペイドの場合、手数料がかかります。
LINEpayの場合、ローソンレジチャージ、コンビニ、銀行、セブン銀行に対応しています。

セブン銀行でチャージが可能であり、ローソンのレジチャージも


セブン銀行でチャージが可能です。
ドライバーだったりウォーカーなどの方が歩いたりドライブしている時、セブンイレブンというのはどこにでもあります。
「お金がないからLINEpayから引き出そう」とか、「チャージしておきたいからセブンイレブンでチャージしよう」など、どこでもあるので簡単に済みます。

100円で2pt貰える

LINEpayは100円で2pt貰える還元率が高いカードです。

LINEpayの大きな魅力です。
カードの使用後、アプリ内のLINEpointからどんどんとポイントが貯まっていきます。

残高確認、支払い確認、チャージはすべてスマホ

ここも魅力と言えるのか分かりませんが、いちよう。
まあ、カードの申し込みから使用、そして解約まですべてスマホで完結します。
スマホは色々なところへ行くときに、必ず持って行くものですので、旅先でも使えて、便利かと思います。
しかし、スマホで完結する事にも、いろいろとデメリットが発生します。紙の明細書が発行出来ないのです。

カードの停止もスマホ

「カードをなくしてしsしまったのですが!」こんな事カードを持ってる方は経験があると思います。

もちろんLINEpayも他のカードと同じで、自分で対処したあと、運営がいろいろとその後の対処を手伝ってくれたりします。
LINEpayの場合、カードをなくしたと思ったら、すぐにアプリでカードを停止できます。
また、もし使われても、補償がありますので、いちよう安心です。また、見つかったらアプリで使用再開出来ます。

残高の出金が可能

この点も、ポイントが付くのと同じ大きな魅力です。

LINEpayに入金した残高で、カードが使えなかったので、出金して現金で払うことも可能ですし、ほとんどのプリペイドカードは解約するとき、使い切らなければなりません。
LINEpayの場合、出金して、残高がない状態で解約出来ます。
出金したお金の受け取りは、銀行、セブン銀行となります。
ちなみに銀行受け取りは銀行の営業時間以外の場合は断られるので注意。

まあ、こんな感じですね。次、デメリットです。

運営の対応が悪い

これも問題です。運営の対応が悪いのです。普通のカードは、プリペイドカードでも盗難、見覚えのない支払いは電話窓口があるのですが、LINEpayにはありません。
なので、お問い合わせフォームからお問い合わせして頂くしかありません。また、お問い合わせもスルーされる事もあり、もし対応してくれても、「自分で解決しろ」になります。
kabu-yutai.com
このように、お問い合わせフォームから問い合わせても、遅いそうです。

JCB加盟店で使用できるが、カード自体が使える店がある

これはすべてのプリペイドカードに共通するかもしれません。
LINEpayカード自体が使えない店があります。この場合、他のプリペイドカードやクレジットカードも持って行った方が良いかもしれません。ただ、ほとんどの店で使えるはずです。

いきなりアカウントを停止される事がある

これはデメリットどころか、普通に困る事です。
ai5ougu8.seesaa.net
高額なチャージを行うと、凍結し、使えなくなるそうです。
お問い合わせも遅いので、いろいろと大変になります。

Jsecure(3Dセキュア認証)の設定ができない

3Dセキュア認証の設定が出来ません。最近単にカード番号と有効期限、セキュリティコードを入力するサイトが少なくなり3Dセキュア認証になるサイトが多くなっています。
プリペイドカードでは、おさいふpontaが設定出来ますが、この点も不便です。
なお、使える店が使えない点はすでに説明しているので飛ばします。

Applepayが対応していない

これも不便かもしれません。携帯会社系(docomoauSoftbank)のカードがApplepayに設定することが可能です。LINEpayは設定が出来ないようです。
LINEpayの公式ツイッターには自動リプライで、「検討している。」とリプライを送っていますが、実際はどうなってるのか気になります。

とまあ、こんな感じです。チャージ方法が豊富、高いポイントで手に入れたい!と思う人もいますが、ここはメリットデメリットを確認して、いろいろと検討してみてはどうでしょうか。
僕の場合、この高いポイントだけで、他にもプリペイドカードがある事を知らずに、「このカードにしよう!」とすぐに決めてしまい、その後、調べてみてこうデメリットもあった事を知って損をしました。